四季折々に咲き誇る花で知られる三室戸寺(京都府宇治市)が31日、満開となったアジサイの鉢を並べて天に昇る竜を表現し、公開した。本堂に続く60段の石段に赤、白、青のアジサイ600鉢を並べ、願いをかなえる力を持つ球「宝珠」を求める竜に模した。6月10日ごろまで見られる。

 寺に伝わる古い図画で、宝珠と竜を描いた「摩尼宝珠曼荼羅」から着想した。新型コロナウイルス流行終息の願いを込めたという。今年の近畿地方は記録的に梅雨入りが早かったが、この日は晴れて、陽光がアジサイを鮮やかに照らした。