東京都国立市で3月、アイヌ民族を侮辱する落書きが見つかり、市などは31日までに、差別に反対する学習会を開いた。当事者が参加し「差別意識がないまま、こうした言葉が広まったら恐ろしい」と述べ、歴史を学ぶ重要性を訴えた。永見理夫市長も出席した。

 市によると、商店街の街灯の柱に「アッ犬だ」と書かれているのを市民が見つけた。3月放送の日本テレビの情報番組の出演者が同様の表現を使っており、なぞらえた可能性がある。

 東京のアイヌ料理店経営者は番組について「今どきこんなことがあるのかと息が苦しくなった」と憤り、落書きも「ヘイト行為に場所は関係ないということだ」とした。