【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は31日、米韓が韓国のミサイル開発を制限してきた指針を撤廃したことに対し、「(北朝鮮)敵視政策の集中的表現だ」とバイデン米政権を非難した。

 指針撤廃は21日の米韓首脳会談で合意した。北朝鮮国営メディアが反応を示すのは初めて。ただ、記事は「国際問題評論家キム・ミョンチョル」の個人名で、朝鮮労働党や外務省による談話や声明の形は取らなかった。

 記事は、米国が北朝鮮の「自衛的措置」に言い掛かりをつけながら、韓国に無制限のミサイル開発を認めるのはダブルスタンダードだと反発した。