【ワシントン共同】バイデン米大統領は30日、ジュネーブで6月16日に開くロシアのプーチン大統領との初の首脳会談で、人権問題を提起する意向を示した。東部デラウェア州で演説し、会談では「プーチン氏が人権を侵害するのを米国は看過しないと明白にする」と述べた。ロシアによる反体制派ナワリヌイ氏弾圧の問題などを取り上げるとみられる。

 バイデン氏は、プーチン政権に近いベラルーシのルカシェンコ政権が旅客機を強制着陸させて反政権派を拘束した問題に関しても、会談で懸念を伝える方針。人権問題を巡りプーチン氏と厳しいやりとりが予想される。