劇団四季は30日、同日一般発売を開始したディズニー最新ミュージカル「アナと雪の女王」(東京・四季劇場「春」で6月24日開幕)のチケットの総販売枚数が23万9千枚を超え、一般発売初日の記録として劇団史上最多の販売枚数となった、と発表した。

 12月31日まで予定されている178回公演、25万7千席のうち約93%を占めており、残席がわずかとなったため、来年6月30日まで半年の公演延長を決めた。劇団四季の吉田智誉樹社長は「責任の重さに身が震える思い」と語った。

 これまでの初日販売枚数の最多記録は、2015年のミュージカル「アラジン」東京初演の21万4千枚だった。