【北京共同】中国国営通信の新華社などによると、中国南部の広東省広州市当局は30日の記者会見で、5月下旬に入り新型コロナウイルス感染者を20人以上確認し、多くはインド変異株とみられると明らかにした。感染拡大を阻止するため、PCR検査の陰性証明がなければ鉄道、バスや車、飛行機で市外に出られなくするとの通知も発表した。31日午後10時(日本時間同11時)から実施する。

 広州市は警戒を強め、一部地域で全住民を対象としたPCR検査を実施している。

 21~30日に発症者5人、無症状感染者21人が確認された。分析が済んだ検体は全てインド変異株だった。