世界ボクシング評議会(WBC)バンタム級タイトルマッチは29日、米カリフォルニア州カーソンで行われ、38歳のノニト・ドネア(フィリピン)が王者のノルディーヌ・ウバーリ(フランス)を破り、王座に返り咲いた。4回に3度目のダウンを奪い、試合を終わらせた。

 世界5階級制覇の実績を誇るドネアは2019年11月の世界戦で井上尚弥(大橋)に判定負けして以来の試合だった。(共同)