新体操のワールドカップ(W杯)は29日、イタリアのペーザロで行われ、個人総合で大岩千未来(イオン)が合計94・225点で10位だった。28日の前半2種目を終えて19位だった喜田純鈴(エンジェルRG・カガワ日中)は演技しなかった。

 団体総合で日本は2種目合計82・650点で6位だった。(共同)