バスケットボール男子Bリーグの王座を争う日本生命チャンピオンシップ(CS)決勝は30日、横浜アリーナで2戦先勝方式の第2戦が行われ、宇都宮が83―59で千葉を下し、1勝1敗とした。

 前半から宇都宮が堅守で相手のリズムを崩し、渡辺の3点シュートやスコットの得点でリードを広げて52―32で折り返すと、後半も追い上げを許さず完勝した。終盤には40歳の田臥も出場した。

 第3戦は6月1日に行われる。