43人が犠牲になった1991年6月3日の雲仙・普賢岳(長崎県)大火砕流発生から30年となるのを前に、麓の同県島原市と南島原市で30日、住民ら計約3千人が参加する合同避難訓練が行われた。

 震度6強の地震が発生、溶岩ドームが大規模崩落する危険性が高まったとの想定。島原市安中地区では防災無線を聞いた住民が町内会ごとに安否確認をし、足早に避難所に向かった。

 状況を取りまとめた安中地区自主防災会の横田哲夫会長(71)は「この地で二度と被害者を出さないという思いを後世につなぎたい」と話した。

 大火砕流では消防団員や警察官の他、報道陣やタクシー運転手らが命を落とした。