東京六大学野球リーグ最終週第2日は30日、神宮球場で2回戦1試合が行われ、早大が優勝を決めている慶大を4―2で下し、3勝1分け6敗のポイント3・5とした。慶大は8勝2敗の同8。

 早大は1―1の四回、岩本の本塁打などで2点を勝ち越し、八回に1点を加えた。全日程を終え、2位以下は立大、明大、法大、早大、東大の順となった。明大の陶山と山田陸が打率5割で首位打者に、慶大の森田が1・57で最優秀防御率に輝いた。