阪神が乱打戦を制した。5―5の五回に梅野の1号2ランで勝ち越し、七回には糸井の犠飛と梅野の適時三塁打で2点を加えた。2番手の及川が1回2/3を投げて無失点でプロ初勝利。西武は2度リードを奪いながら投手陣が崩れた。