東京五輪の聖火リレーは30日、福井県の2日目を実施した。フェンシング女子エペの東京五輪代表で2児の母でもある佐藤希望選手(34)が地元の越前市を走った。沿道では「東京2020ママ剣士」と記した横断幕が掲げられ、走行後「幸せな時間だった。もらった応援を力に変えたい」と感激した様子で話した。

 佐藤選手は2012年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪に出場した。

 ドラマや映画のモデルになった福井商業高チアリーダー部のOG山田茉耶さん(27)は池田町で聖火をつなぎ「地元を応援しようと思って参加したが、逆に自分が応援された」と笑顔で話した。