オリックスは六回に頓宮の3ランで先制し、3―2とされた直後の八回に宗のランニング本塁打で3点を加えた。宮城は七回途中2失点で開幕3連勝。九回は漆原が締めて逃げ切った。西武は救援の宮川、森脇が踏ん張れなかった。