中山泰秀防衛副大臣は3日、大阪市で記者会見し、新型コロナウイルスワクチンの大規模接種センター大阪会場は、大阪市北区の大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)に設置すると明らかにした。接種開始は「東京会場と合わせて24日を目標とする」と述べた。

 防衛省によると、大阪会場は大阪府以外にも京都府や兵庫県など近畿圏の住民を対象とする方向で検討されており、スタート時は高齢者向けとなる見通し。土日祝日を含め、午前8時から午後8時までとする方針だ。

 中山氏は会見で国際会議場に決めた理由について、エスカレーターやエレベーターの数が多いことなどを挙げた。