日本一周をしていた商船三井客船(東京都)のクルーズ船「にっぽん丸」が3日、全国的な新型コロナの感染拡大を踏まえ、横浜港に帰港した。出港後のPCR検査で乗客乗員計約480人に感染は確認されなかったが、横浜市の要請を受け、中止を決めた。

 商船三井客船によると、同船は4月29日に横浜港を出港し、九州や東北、北海道などを5月8日までの日程で周遊する予定だった。クルーズ船「飛鳥2」の乗客の感染判明後に横浜市から要請を受け、1日に大分県の佐伯港から横浜港へ向けて引き返した。

 横浜市は「万が一陽性者が出た場合、寄港先で適切な措置を取れる保証がない」と説明している。