北海道函館市は近年のスルメイカ不漁を受け、地域経済を支える新たなブランドを立ち上げようとキングサーモンの養殖に乗り出した。本年度から研究を始め、2026年度から天然稚魚などに頼らない完全養殖に挑戦する。サーモンの養殖は各地で行われているが、海外からの輸入が中心で希少性が高いキングサーモンで事業化に成功すれば全国初となる。

 函館市は、イカ漁など自然環境に左右されやすい「取る漁業」が振るわないため、養殖による「育てる漁業」の比率を高める方針だ。サケ科では最も大きく、脂がのって美味とされるキングサーモンに着目した。