愛知県知事のリコール運動を巡る署名偽造事件で、佐賀市内の貸会議室に集められたアルバイトによる署名書き写しの作業について、運動事務局の田中孝博事務局長(59)は3日、共同通信の取材に対し、名古屋市の広告関連会社に「お願いした」と述べ、関与を初めて認めた。田中氏は当初「発注も依頼もしていない」と説明していた。

 その一方で、アルバイトが署名簿に書き写した有権者を直接訪ねてサインや押印をしてもらう計画だったと主張、「合法的だと考えていた」と強調した。広告関連会社側は「コメントできない」としている。