【ニューヨーク共同】米プロバスケットボールNBAは2日に第19週が終了し、東カンファレンスで八村塁のウィザーズは29勝35敗とし、プレーオフ(PO)進出決定戦出場圏内の10位を維持した。渡辺雄太のラプターズは27勝38敗の11位。セブンティシクサーズが43勝21敗で首位に立った。

 西はサンズとジャズがともに46勝18敗でトップを争っている。