自民党の稲田朋美前幹事長代行は29日、LGBTなど性的少数者への理解増進を図る法案について「今国会で成立させたい。私はまだ諦めていない」と自身のツイッターに投稿した。稲田氏は、法案を策定した自民党特命委員会の委員長。動画も投稿し「国会が終わるまで2週間以上ある。与野党で合意して審議すれば、成立させることができる」と意欲を示した。

 自民党は、党内の一部保守派が異論を唱えていることや、会期末が6月16日に迫っている事情を踏まえ、今国会への法案提出見送りを決定した。