東京六大学野球リーグ最終週第1日は29日、神宮球場で1回戦1試合が行われ、優勝を決めている慶大が早大に3―2で競り勝ち、8勝1敗のポイント8とした。早大は2勝1分け6敗の同2・5のままで5位が確定した。

 慶大は1点を追う四回に正木のソロ本塁打や朝日の適時打、失策で3点を挙げて逆転した。先発森田が2点を失ったが、七回以降を継投でかわした。