茨城県境町の家族4人殺傷事件で、会社員小林光則さん=当時(48)=夫妻を殺害した容疑で逮捕された埼玉県の無職岡庭由征容疑者(26)を、茨城県警は29日、夫妻の長男(14)に対する殺人未遂容疑と、次女(13)への傷害容疑で再逮捕した。県警は、認否を明らかにしていない。

 水戸地検は同日付で、夫妻に対する殺人容疑を処分保留とし、家族を狙った一連の事件とみて捜査を継続。刑事責任能力を調べる鑑定留置の実施も検討するとみられる。

 再逮捕の容疑は、2019年9月23日、小林さん宅で長男の両腕と両足を刃物で突き刺し、次女に催涙スプレーをかけ両手に化学熱傷を負わせた疑い。