菅義偉首相は29日、1872年に日本で初めて鉄道を開業する際に造られ、東京都港区の高輪ゲートウェイ駅周辺で出土した鉄道遺構「高輪築堤」の国史跡指定に向けて取り組む方針を示した。遺構視察後、記者団から史跡指定する必要性を問われ「まさに文化遺産であり、すばらしい。文部科学省でしっかり取り組んでほしい」と答えた。

 同時に「当時の技術屋は素晴らしい能力を持っていた。感動した」と語った。

 専門家らが全面保存を求める中、再開発を進めるJR東日本が一部保存の方針を示していることについては「連携しながら街づくりを進めていかなければいけない」と述べるにとどめた。