昭和大(東京都品川区)は29日までに、医学部麻酔科学講座の講師だった上嶋浩順氏が2015~20年に発表するなどした計142本の論文に不正があったと発表した。うち117本に捏造や改ざんがあったとして取り下げを勧告。昭和大は20年5月、上嶋氏を懲戒解雇し、監督する立場だった共著者で教授の大嶽浩司氏を降格処分とした。

 日本麻酔科学会調査特別委員会も報告書を公表し「成果主義に対する圧迫感が上嶋氏を不正へと導いた」と、昭和大の体質に問題があると指摘した。かつて所属するなどしていた埼玉医大や関西医大(大阪府)、岡山大でも調査したが不正は確認されなかった。