【ブリュッセル共同】オランダ政府は28日、新型コロナウイルス感染対策の移動制限として続けてきたカフェやレストランの店内飲食や博物館・映画館など文化施設の再開を、6月5日から認めると発表した。大規模イベントの禁止などは続くものの、ルッテ首相は今回の緩和を「都市封鎖(ロックダウン)の事実上の終わり」とした。欧州メディアが伝えた。

 同国では昨年10月から飲食店の営業制限などを継続。しかし18歳以上の半数近くが既に1回目のワクチン接種を済ませ、感染者が大きく減った。首相は「私たちは『閉めるのが基本』から『開くのが基本』の状況に向かっている」と述べた。