バレーボールのネーションズリーグ男子は28日、イタリアのリミニで開幕して1次リーグが行われ、世界ランキング9位の日本は同8位のイランを3―0で破った。

 東京五輪の1次リーグ同組のイランに対し、日本は第1セット、石川や高橋藍の攻撃が好調で25―19と先取した。第2セットは途中出場の大塚の強打で終盤に抜け出し25―22で連取。第3セットは序盤にリードを許したが、石川、高橋藍が活躍し、26―24で奪った。

 五輪前最後の国際大会に16チームが出場。6月23日まで1回戦総当たりの1次リーグを実施し、上位4チームが26、27日の決勝大会に進む。(共同)