広島が今季最多タイの16安打で打ち勝った。2―2の四回に松山の適時打などで3点を勝ち越し、五回に2点を加え、その後も加点した。2番手の森浦がプロ初勝利。栗林が10セーブ目。ロッテは投手陣が崩れ、守りも3失策と乱れた。