オリックスが序盤の大量点で勝った。一回に吉田正の先制2ランや杉本の2点適時打などで5点。三回は紅林の2ランなどで3点を加えた。山本が7回2失点で4月21日以来の4勝目。ヤクルトはバンデンハークが一回途中で降板した。