緊急事態宣言の延長を決め、28日夜に記者会見した菅義偉首相。「一日も早く安全安心の日常を取り戻す」と理解と協力を求め頭を下げたが、宣言下での東京五輪・パラリンピックの開催是非については正面から答えなかった。

 報道各社からは「宣言下でも東京五輪を開催できるとの考えか。国民の命を守る責任があるのはIOCではなく日本政府だ」と厳しく問われた。

 表情を変えずに質問を聞いていた菅首相。眉間にしわを寄せ「国民の命と健康を守るのは当然、政府の責務だ」と強調した。ただ「当面は宣言を解除できるようにしたい」とし、感染防止策の説明をするばかりだった。