サッカーワールドカップ(W杯)アジア2次予選の日本対ミャンマー戦が行われた28日、会場となった千葉市のフクダ電子アリーナ周辺では、在日ミャンマー人が、クーデターを起こしたミャンマー国軍に抗議する活動を行った。参加者は、ミャンマーサッカー協会は国軍の統制下にあると主張し「スポーツへの軍事介入を強く反対する」と訴えた。

 黒い服を身に着けた約50人の在日ミャンマー人らは「ミャンマーサッカーチームは国民の代表ではない!」と書かれた紙を掲げ、シュプレヒコールを上げた。選手が乗ったとみられるバスが到着すると、一層声を張り上げた。