埼玉県は28日、2月に東京都内のホテルで女性を盗撮したとして、新型コロナ対応を担当する危機管理課の男性主査(52)を、停職3カ月の懲戒処分とした。当時、2度目の緊急事態宣言が発出中で、県は不要不急の外出自粛を県民に呼び掛けていた。

 県によると、男性は休日だった2月27日夜、ホテルに派遣型風俗店の女性を呼び、仕掛けた小型カメラで動画撮影した。女性が気付き、警視庁上野署が都迷惑行為防止条例違反容疑で逮捕。その後、女性と示談し起訴猶予となった。同署の調べに、昨秋以降、逮捕分を含めて盗撮を8回繰り返したと供述したという。