生後1カ月の長女を揺さぶり死なせたとして、傷害致死罪に問われた父親の中馬隼人被告(44)の控訴審判決で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は28日、無罪とした一審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

 被告は2017年1月、東京都町田市の自宅で、長女ひかりちゃんの頭を揺さぶる暴行を加え、同3月に傷害に起因する肺炎で死亡させたとして起訴された。長女には「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」の典型症状とされる(1)硬膜下血腫(2)眼底出血(3)脳浮腫―の3症状があり、揺さぶりの有無が争点だった。