わいせつ行為で懲戒免職となった教員の免許再取得を制限できる新法が28日、参院本会議で全会一致により成立した。免許授与権を持つ都道府県教育委員会の判断で拒絶できる「裁量権」を与えることが柱の議員立法で、文部科学省が今後、各教委が統一的な判断をするための指針を策定する。

 主導した自民党の馳浩氏は成立後の記者会見で「これで終わりではない。より緊張感を持って児童生徒への性暴力のない社会を目指したい」と強調。付則には、子どもに関わる保育士ら職業従事者の性犯罪歴を照会する制度の検討を盛り込んでおり、今国会中にも超党派議員連盟を発足させ、立法化を視野に議論する方針だ。