気象庁は28日、西日本から北日本で29日にかけて、大気の状態が非常に不安定になる恐れがあるとして、注意を呼び掛けた。激しい突風や落雷、急な強い雨の恐れがある。真っ黒な雲が近づいてきたり冷たい風が吹いたりした場合は、安全な建物に移動するよう呼び掛けている。ひょうが降る可能性もあり、農作物や農業施設への被害にも備える必要がある。

 気象庁によると、29日にかけて、寒気を伴った低気圧が日本海を北東に進む。低気圧に暖かく湿った空気が入り、大気が不安定になる見込みだ。