【ソウル共同】韓国の保守系最大野党「国民の力」の代表選で、国会議員の経験がない若手の男性候補、李俊錫氏(36)が支持を集め、番狂わせを起こした。28日の予備選で人気の高いベテランの元女性議員、羅卿ウォン氏(57)らを抑えて1位で通過。6月の本選に向けて李氏の代表就任に期待が高まっている。

 生活困窮者への教育支援やベンチャー企業の創設に取り組んだ李氏は2011年、国民の力の前身政党で、大統領に就く前の朴槿恵氏が率いた臨時執行部のメンバーに起用された。ソウル市内の選挙区から国会議員選挙に3回出馬したが落選している。