政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は28日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピック開催によるインド変異株流行への影響について「一般論として、たくさんの人が来れば国内流入のリスクがあるのは当然だ」と述べた。立憲民主党の長妻昭氏への答弁。

 選手や大会関係者は入国後の待機措置が一般の人より緩和されることへの懸念を問われ「水際では入国者をなるべく少なくすること、国内でも極めて強力な対策が必要」と指摘。インド株流行国からの入国者については「強いコントロールをした方がいい」とした。