稚内機船漁業協同組合(稚内市)によると、北海道稚内市沖で28日、操業中だった同漁協所属の底引き網漁船「第172栄宝丸」(160トン)がロシア当局の臨検を受け、日本人乗組員10人以上が連行された。第1管区海上保安本部(小樽)や漁協が詳しい状況の確認を急いでいる。

 北海道機船漁業協同組合連合会によると、連行された船は僚船3隻と一緒に操業していた。僚船はいずれも連行されておらず、稚内港に戻る。

 第1管区は「認知はしている。情報を収集している」、外務省は「事実関係を確認中」とそれぞれコメントした。ロシア警備当局は取材に「詳細は答えられない」と話した。