総務省が28日発表した4月の完全失業率(季節調整値)は前月比0・2ポイント上昇の2・8%で、昨年10月以来、6カ月ぶりの悪化となった。厚生労働省によると4月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0・01ポイント低下して1・09倍。新型コロナウイルス感染拡大前に比べて落ち込みが続いており、コロナ禍が雇用環境に与える影響の長期化を反映した結果となった。

 完全失業者数は、前年同月比20万人増の209万人で、内訳は男性が129万人、女性80万人だった。

 産業別では情報通信業や医療・福祉の就業者数が増えた一方、宿泊・飲食業が大きく落ち込んだ。