27日午後11時55分ごろ、愛媛県今治市沖の来島海峡付近で外国船と日本船が接触したと第6管区海上保安本部(広島)に通報があった。今治海上保安部によると、28日午前2時45分ごろ日本の貨物船が沈没。乗組員12人のうち9人が救助されたが、船長の佐藤保さん(66)ら3人が行方不明となった。海保の巡視船や航空機、地元漁船が捜索に当たっている。

 今治海上保安部は、両船に対して業務上過失往来危険の容疑を視野に捜査を進めている。運輸安全委員会は28日、船舶事故調査官3人を指名した。午後にも派遣する。

 同保安部によると、沈没したのはプリンス海運が運航する貨物船「白虎」。