【ロンドン共同】日米欧の先進7カ国(G7)外相らは27日、ベラルーシのルカシェンコ政権がアイルランド旅客機を強制着陸させ反政権派のジャーナリストらを拘束した問題について、ベラルーシ当局を「最も強い言葉で非難する」との共同声明を発表した。ベラルーシ側に責任ある行動を求め、追加制裁の発動にも言及して取り組みを強化すると警告した。

 声明は強制着陸と拘束が「前例のない行動」で「報道の自由への攻撃」に当たるとし、ジャーナリストらを無条件で即時に釈放するよう求めた。

 旅客機の乗客乗員が危険にさらされたとし、国際民間航空機関(ICAO)に早急な対応を求めた。