政府は27日、新型コロナウイルス禍で深刻化する孤独・孤立対策を担当する政策参与に元厚生労働事務次官の村木厚子氏を登用する方針を固めた。今後設置する常設の官民連絡協議会への参加を想定している。

 村木氏とともに、NPO法人「自立生活サポートセンター・もやい」の大西連理事長も登用する方針。

 協議会のトップには孤独・孤立対策を担当する坂本哲志1億総活躍担当相が就き、6月以降に開催する。現場で支援に取り組む民間の意見を政策に反映し、支援団体同士の連携強化も図る狙い。