【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は27日、約200カ国・地域の選手を対象にした「国際アスリートフォーラム」をオンラインで開催し、新型コロナウイルス禍で開催可否に揺れている東京五輪について、ビデオメッセージで登場した大会組織委員会の橋本聖子会長が「7月に東京でお会いしましょう。お待ちしております」と呼び掛けた。

 橋本会長は「昨年の今ごろに比べれば、感染症のことをはるかに理解できるようになった」と指摘した。