政府と東京電力は27日、福島第1原発の処理水を保管するタンクが満杯になる時期を、従来の「2022年秋以降」から、海洋放出開始を目指す「23年春ごろ」に先延ばしできる見通しを示した。処理水を海洋放出する準備に関連して約3万トン分のタンクを新設し、全体の容量が実質的に約140万トンに増えるため。

 東電廃炉責任者の小野明氏は同日の記者会見で「国の方針通り23年春に海洋放出を始めるなら、現時点でこれ以上のタンク増設は必要ない」と述べた。今年4月に政府が海洋放出を決定した際、放出目標を2年後としたため、タンク不足の可能性が指摘されていた。