広島が追い付き、引き分けた。0―4の二回に坂倉の適時打で1点を返し、六回は安部の適時打などで2点。七回は坂倉の犠飛で追い付いた。西武はダーモディが5回1失点と試合をつくったが、救援陣が粘れなかった。