中日は0―3の四回に木下拓の5号3ランで同点とした。二回以降に立ち直った勝野は六回途中3失点。ソフトバンクは一回に柳田、上林、甲斐の適時打で3点を奪った後は打線が低調。笠谷は制球を乱し、四回途中で降板した。