ヤクルトは1―2の五回に山田の2点適時打で逆転し、八回に青木の2点二塁打で突き放した。奥川は6回6安打2失点で自己最多の9三振を奪い2勝目。九回はマクガフが締めた。日本ハムは投打がかみ合わず負け越し10となった。