共産党の志位和夫委員長は27日の記者会見で、東京五輪・パラリンピック中止の選択肢を否定した国際オリンピック委員会(IOC)委員に関し「日本を『IOC帝国』の植民地扱いする発言だ。何様か」と批判した。開催を強調するIOC幹部発言も「日本国民の命より五輪開催を優先させるのは断じて許せない。常軌を逸している」と非難した。

 立憲民主党の泉健太政調会長は会見で「新型コロナウイルス感染拡大につながりかねない」と中止を訴えた。社民党の福島瑞穂党首は「平和の祭典というより新型コロナの祭典になる」と述べ、開催に反対した。