文部科学省は27日、「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の出題の狙いを公表した。小学6年では新しい学習指導要領に基づいて統計データの分類や整理といった新領域が含まれ、中学3年では資料の読み解きや身近な題材についての考察を重視した。新型コロナウイルス感染拡大の影響を調べるため、児童生徒には一斉休校中の学習状況についても尋ねた。

 小6の算数では、昨年度に全面実施された新指導要領を踏まえ、データ読解の能力を測った。図書室での学年別貸出冊数のグラフを提示し、あまり本を借りない理由を尋ねるアンケート結果も組み合わせて分析を深める内容となった。