プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(19)が27日、兵庫県西宮市の甲子園球場で行われた阪神戦でプロ2度目の登板を果たした。岩手・大船渡高時代に球速163キロを計測して「令和の怪物」と騒がれながら踏むことができなかった聖地のマウンドに、プロ野球選手として上がった。

 高校3年生の2019年7月25日、岩手大会決勝まで進みながら故障防止のために登板を回避。チームは35年ぶりの甲子園大会出場を逃した。同級生で佐々木朗と打線の中軸を担い、同志社大野球部に進んだ木下大洋外野手(19)は「投げていたら行けたのではというのはあるけど、あまり考えないようにしている」と語る。