住友銀行(現三井住友銀行)の頭取を務め、1月31日に97歳で亡くなった巽外夫氏のお別れの会が27日、東京都内のホテルで開かれた。祭壇にはスーツ姿の巽氏の遺影が掲げられ、白いコチョウランやユリなどが飾られた。約900人が献花し、故人をしのんだ。

 三井住友銀行の宮田孝一会長、高島誠頭取は参列者向けのメッセージで「人並み外れた胆力や透徹した人物眼を遺憾なく発揮し、まさに正統派バンカーとして、日本を代表する数々の大企業の経営再建において主導的な役割を果たした」と振り返った。大阪市内の会場にも約350人が訪れた。